父の仕事道具の処分、粗大ごみの片付け

私の父は自営業をしていました。
店舗兼自宅で理容業をしていたのですが、残されたハサミや店の道具を処分するにあたり、捨てるにもお金がかかるので、だったら売って少しでもお金になった方がいいのではないかと思い、インターネットで出張買取サービスの業者を見つけて依頼しました。

お客さんが座る電動の椅子は、購入時は1台100万円以上しました。それが3台。
ハサミだって何十万円もする立派な物です。
その他にもバリカンやアイロン、高級素材のクシ等、ありとあらゆるものを査定してもらいました。
年数はたっていても、とても大事に使っていましたし、衛生管理も徹底していました。私の予想では、いくら少なくても5万円くらいにはなるだろうと思っていました。
ですが、見積もりを見てビックリ。
全部でたった5000円。
0が1個足りないのではないか?と聞き直しましたがやはり間違いではないようで。
もう本当にビックリというかショックというかガッカリというか。
父の人生をかけてやってきた仕事が否定されたような、そんな悲しい気持ちにもなりました。

まぁ、自分でお金を払って処分するのを思えば、5000円でもプラスになるだけ良かったと思うしかありません。
物の価値って、そんなに下がってしまうんだなぁと、しみじみ痛感しました。

PR|不用品処分なら七福神|