祖母の残した大量のバッグ

先日物置の遺品整理をしていたら、祖母のバッグがたくさん出てきました。バッグが好きで良く購入していましたが、物置にしまわれているとは知りませんでした。大正生まれだったので、かなりの年代物も多く含まれていました。でも、中には現在持っていても不自然ではないデザインのものもありました。

売れるかわかりませんでしたが、自宅の傍にリサイクルショップができたので、積めるだけ自転車に積んで売りに行きました。土曜日だったので査定に時間がかかり、査定が終わるまでの間に傍のスーパーで買い物を済ませました。古いものが多かったのと、リサイクルショップは安い値段しかつかないと思っていたので、あまり期待はしていませんでした。でも全部で300円ぐらいにはなるだろうと考えつつ、そのお金でケーキでも買って帰ろうと楽しみにしていました。

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。査定には1時間以上かかりましたが、結果は散々でした。一番高値がつくと思ったものでも50円ほどで「それなら自分で使う」と母が売るのを拒みました。

だから結局ケーキは買えず、再びバッグの山を持って帰宅しました。